日本語教師になるために養成所に通う【みんなで切磋琢磨して学ぶ】

>注目記事>日本語教師になって日本語を教えるスキルを身に付けよう

教えられる人になる

自分で勉強をしているときと、勉強を教えるときは意識ややり方が異なります。日本語教師になりたいと考えているなら、仕事を始めるまでに必要なスキルを十分に身に付けておきたいものです。言語を教えるためのコツは人に教えてもらうこともできます。

日本語教師になるまでに身に付けておきたいスキル

  • 日本語教育能力検定を受けておく
  • 基本的な日本語の文法
  • 語彙力
  • 日本語特有の音声の知識
  • 異文化を理解するスキル
  • 複数の教え方のバリエーション

学校に通うことができる

日本語教育能力検定のように、独学で取得できる試験も多いですが、日本語教師になるためには狭い知識よりも広い見識を有しておいたほうがいいです。そのためにはテキストで勉強するよりも養成学校に通ったほうがいいともいわれています。

日本語教師養成の学校ってどんなところ?疑問を解消しよう

男女

養成所と独学ってどう違うの?

まず教える状況が多数の生徒がいる前で教えるものなので、一人でそういった状況を作るのは大変です。養成所であれば現役の日本語教師がコツを教えてくれるので、一人で悩まずにすぐに技術が身に付けられます。

授業に必要なスキルって具体的になんですか?

実際に大勢の前で行なう授業には板書が使われますが、これが分かりやすいほうがいいです。黒板に書く字の大きさや、書く内容を把握することで授業を受けている人が分かりやすい状況が作れます。

就職のサポートをしてくれると安心できるのですが…

日本語教師を養成する学校では、就職支援を設けているところもあるので安心です。教師として仕事をするために必要な教案の作成や、模擬授業も手伝ってくれるため、実践で力を出すのに役立ちます。

日本語教師になって日本語を教えるスキルを身に付けよう

勉強

教師以外にも検討しよう

日本語教師のスキルがある人は、基本的には日本語学校に就職することになります。日本語学校における日本語教師には非常勤講師も多く、正職員になる前に非常勤務で実践を学ぶパターンもあります。欧米においては就職数は減少の傾向にありますが、アジアだと日本語学校の数も増えているので注目です。日本において大学で日本語教師の口があることもありますので、就職情報は養成所も含めてアンテナを張って集めましょう。